RangeXTD:ネットスピードを上げること間違いなしのWi-Fi中継器

「最近ネットへの接続が遅くてイライラする!」なんてお悩みはないですか?「ネットは大丈夫だけどビデオ通話になると安定しない」、「違う部屋に行くと遅い」など、我慢できなくもないけど快適にネットが使えたらなぁなんて思いませんか?そんな時はWi-Fi環境の見直しがおすすめです!大元の無線機の能力アップも重要ですが、大元は十分な能力を持っているのに届きにくい部屋があるときには、中継器を活用してみてください。今日はコンセントに挿すだけかつコンパクトな中継器 RangeXTD の紹介です。

今なら半額以下!
コンセントに挿すだけ!コンパクトな中継器RangeXTD

家のWiFiを各部屋まで届けてネットスピードを上げたい、もっと快適なネットライフを送りたい!そんな方にはコンセントに挿すだけの中継器RangeXTDがおすすめです。

どうしてWi-Fiの通信が遅くなるの??

インターネットスピードが遅くなる要因はいくつかありますが、多くの問題は以下に挙げるものです。

  • ルーターとの距離が遠い
  • ルーターから使用地まで物理的障壁が多い
  • 回線に繋がっている端末が多すぎる
  • 電波干渉が起きている
  • セキュリティソフトの設定によって接続障害が起きている
  • ルーターに不備がある
  • ルーターが古い

この中でも、ルーターとの距離が遠い、ルーターから使用地まで物理的障壁が多い場合に、中継器(エクステンダー)のRange XTD ブースター (RangeXTD エクステンダー)としておすすめです。

RangeXTD

中継器とは、その名の通り『中継』してくれるWi-Fiルーターのことです。既存のWi-Fi環境を活用し、電波の届きにくい部屋やその近くに中継器を設置することで、中継器が電波を改めて増幅し、強く繋いでくれます。WiFi ブースターとも言えますね。

Wi-Fi環境の改善方法

中継器を考える前に、まず使用端末数のチェック、5Hzと2.4Hzがある場合は使用回線を端末によって分ける、大元のルーターが十分な能力を持った機器かなどを確認してください。それらが問題なければ、次のステップとして中継器を検討します。ちなみに、各部屋ごとでインターネットスピードを確認したい場合は「インターネット速度」と検索すると、Fast.comやUSEN GATE 02などといった無料で端末のネットスピードを確認することができますので、活用ください(PCやスマホでは機種の能力の違いからスピードが異なります)。また、Wi-Fi Analyzerという無料ソフトを使うと他の家からの干渉波なども確認できます。

物理的に遠い部屋や、部屋と部屋の間にコンクリートの壁が多い場合、電子レンジ付近は電波が弱くなることが多いです。そういう場合には、まず今使用しているWi-Fiルーターの位置を部屋の中で変えてみてください。それでも電波が弱い部屋がある場合は、中継器を使うと改善することがあります。中継器にも様々なタイプや能力があります。今日はWiFi エクステンダー RangeXTDの魅力をお伝えします!

今なら半額以下!

中継器RangeXTDとは?

  • コンセントに本体を直接挿すタイプです
  • 最大300Mbps
  • 2.4Hz(アンテナ2つを内蔵)
  • WPSボタン
  • WPS対応ルーター及びインターネットサービスプロバイダーと互換性があります
  • WPA-PSK / WPA2-PSK暗号化します
  • 設定ウィザードより詳細設定が可能です
  • LANポート、WAN/LANポート、各1つずつ有ります
  • ランプでお知らせします
  • モード設定や電力制御設定が可能です
  • Range XTD ブースターとなりWiFiの使用できる範囲を広げます

Range XTD ブースター

RangeXTDの使い方

使い方は簡単!

コンセントに挿して、レーンジ XTD本体のWPSボタンを数秒長押しするだけ!

これでRange XTD ブースターとなり、電波の悪かった部屋もシグナルが強化され、快適なネットライフに早変わり!もちろん大元のルーターはちゃんと起動した上で、Wi-Fi環境がある状態で行ってくださいね。

利点と欠点

利点 欠点
  • 中継器であるRange XTD ブースターとなり、1つの大元回線のままで使用できる範囲が広がります。
  • AOSSボタンはありません。
  • 新しくネット回線の契約をする必要がありません。
  • 建物の構造によるため、必ずネット環境が改善するとは保証できません。
  • これまでと同じWi-Fiを、同じパスワードで使用できます(端末の再設定は不要)。
  • 中継器の移動も楽々できます。

口コミ

リモートワークになったばかりの時は家のネット環境が良くなく、私の部屋の電波が弱い状態でした。ただリモートワークがまた終わるだろうことを考えると、ネット回線を新たに契約するのはもったいないなぁと思ってできませんでした。そこでレーンジXTDの存在を知り、使ってみたのですが、ネット環境は各段に良くなり、ビデオ会議も問題なく出席できています。
30代男性
2階建ての家で微妙に電波が悪い部屋があり、我慢していたのですがレーンジXTDを見つけて、早速購入してみました。痒い所に手が届くという感じで、Range XTD ブースターとなってネット環境が改善されたので、ストレスなくYouTubeやネット配信も見れるようになりました。
20代女性

今なら半額以下!

今なら50%OFF以上!

RangeXTDが今なら半額以下に!セットでさらにお得です!!

  • 1つ:10,223円 → 5,111円
  • 2つ+1つ無料:30,669円  →  10,223円(67%OFF:1つあたり3,408円)
  • 3つ+2つ無料:51,114円 → 14,083円(73%OFF:1つあたり2,817円)

RangeXTD 価格

Q&A

Range XTDとは何ですか?

Wi-Fiの中継器です。Wi-Fiの電波シグナルが増幅され、Range XTD ブースターとして活躍します。

Range XTDを使用することで、ネット環境は良くなりますか?

良くなります。最大300Mbpsまで出力可能で、複数のデバイスを接続しても十分に安定したネット環境になります。また、Wi-Fiのシグナル強度を強くすることでインターネットスピードを上げることができます。

Range XTDは有線ですか?無線ですか?

この商品は無線になります。家に既に飛ばしているWi-Fi(無線LAN)を拾って、拡張する中継器になります。

どのようにRange XTDを設定したらよいですか?

既存のWi-Fi-環境下で、レーンジ XTD本体のWPSボタンを数秒間長押しすることで、設定できます。

RangeXTD レビュまとめ

既存のWi-Fi環境下で、電波の悪い部屋のネット環境をよくしたいなら、中継器のRangeXTD おすすめです。コンセントに直接挿すタイプで場所も取りません。また、ボタンを長押しするだけ(端末の設定不要)で、Wi-Fi環境が良くなります。

RangeXTD
コンセント型中継器
9.2 Total Score
簡単コンパクト中継器

家のWiFiを各部屋まできっちり届けてネット接続スピードを上げたい、もっと快適なネットライフを送りたい!そんな方にはコンセントに挿して1プッシュの中継器RangeXTDがおすすめです。

簡単さ
10
コスパ
9
すぐ使える
10
PROS
  • 簡単
  • コンパクト
  • コンセント型
  • 持ち運びらくらく
  • 維持費不要
CONS
  • 中継器のため改善度は家の構造による

著者および出版社向けのデジタル戦略を専門とするフリーランスのライターおよび長年のオンラインマーケティング担当者。 私は数年の経験を持ち、面白くて面白くて有益なブログ投稿を作成する革新的なブログのライターです。 私の経験と知識があなたを感動させることを願っています。

We will be happy to hear your thoughts

コメントを残す

Digitogy.com